nojico

ブログトップ

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

キャスター島

d0030215_22305147.jpg

冬の夜 あの幻の島に行きたいのだよ
おでんとか買ってさ
弱気で死んでる私を褒めて褒めて上げまくる君とさ
上がったり落ちたり単純でわかりやすい優しい君とさ

君はきっとまだ勘違いしてるんだろうな
謝ったのは認めたからじゃなくて時間が足りないと思ったからで
本当はそんなわけないって 叫ぶくらい悔しかった
本当はなんでもいいから話をしたかったんだ
でもくだらなすぎたら流されるともって
あたしは傷つけてしまったんだ

キャスター島
まだあそこにあるかな?

なんとなくスタジオにはいって なんとなくひとり歌って
マツキヨ寄って深呼吸してバス停に並んで
宇宙を見上げてたら
そんなことを思った。
急にそんなことを君に確かめたくなった。

おばちゃん軍団の会話が、光るワンコが、
  わらったよね

よくわからないことをつらつらと
わたしもよくわかりません
まあ こんな日記もありです◎
じゃすみんちゃはおいしいね
[PR]
by soundnoji | 2006-02-12 22:30 | ダイアリー

みんなでたべてねおいしいよ

d0030215_239517.jpg


冷蔵庫の中にある、おばあちゃん用の佃煮にこんなメモがついていた。

うちのおばあちゃんの字はきたなくて最高にいとしい。
きたない字って なんかそれだけで涙がでる
上手に書きたいのに書けない一生懸命な、きたない字。

みんなで食べてね おいしいよ

こんな素敵なことばを おばあちゃんのきたない字でかかれた日にゃ
わたしのこころのいとしさバロメーターは余裕で振りきれて
涙も笑いもとまらなかったりするのです。
ただそれだけのことで。
ふぁー!っとこわれてしまうのです。

佃煮 あんまり食べないけどさ
みんなでたべよう おいしいね  ってほんとおいしかったよ。  

おーい かみさま  世界中に溢れてるいとしさあつめてでっかくまるめたら 
いったいなにが起こるかなあ ?
でっかい流れ星が流れたら いったいなにを祈るかなあ ?

ああ ひとつになりたい。

さて 夜も更け更けですな。 朝まで静かに録音。
ある子を悲しみからひっぱり出すために、と作った曲は
素敵な曲になった。 次のライブでうたおう。

さて 春も もうすぐですな◎
[PR]
by soundnoji | 2006-02-08 02:39 | ダイアリー

小学生の言葉遣い

d0030215_036258.jpg


小学生の手書きポスターは斬新でかわいくて大好きだ。
今日見つけたものをひとつご紹介。
画像ではよく見えないと思うが 喫煙する場所などに関してのマナーのポスターである。
今日見つけたものはかわいいというより、むしろ渋い!オトナ!ちょい悪オヤジ!なんかかっこいいのだ!
その内容はというと、
「みんなもきまったところでやろう!」と女の人が煙草を片手に言っている。
おー!?煙草は「やる」ものなのか!かっこいい!お酒は一杯やるとか言うけど煙草も「まあ一本やるか」とか言うんか!かっこいい!
「俺煙草吸わないからさ」を「俺煙草やらねぇからさ」に変えれば、あなたも今日からちょい悪オヤジ!
[PR]
by soundnoji | 2006-02-06 00:36 | ダイアリー

宙男と書いてソラオと読む。

d0030215_1494255.jpg


奴の名前は宙男。
わたしが高校二年のとき原宿の雑貨屋で発見し、
友達の誕生日にプレゼントしたものだ。
奴は宇宙服を着た少し変わったぬいぐるみだが
その愛らしい表情で人を癒し一躍アイドルになった。
名前は真剣に話し合い、いろんな候補が出たが、
宇宙の男でソラオは渋い、という話になり宙男になった。

宙男はほとんどの行事やイベントに参加した。
普通の日の登校はもちろん、軽音部の合宿にもついて来たし
飲み会にも参加したしライブにも遊びに来て、生意気にダイブをしたこともある。
一緒に飛行機に乗って沖縄にだってついて来た。
ちゃっかり集合写真に紛れ込んでいたり、完全に宙男がメインの写真も
いっぱいある。
宙男と小さい熊(ちなみにこいつの名前は金色)のコントビデオも撮った。

買うときはただのぬいぐるみだったのに
宙男には 愛で動き出した命があると信じてならない。
体の銀のラメははげて、ほとんど白っぽくなってきた。
それでも宙男は今も笑顔のまま友達の家に居る。
この写真は友達が送ってくれた最近の宙男。
[PR]
by soundnoji | 2006-02-04 01:49 | ダイアリー

穏学のじかん


ちびっこアコースティックギターを買い弾き始めてようやく
いろんな人にヒントもらいつつ、6弦コードのしくみが分かってきた。
アコギからはやさしくてシンプルで切ない歌が生まれる。
なんか気分的なものなのかな。
次のコードに上手に移れない感じとか あまりにもシンプルな感じとか
自分の不器用な音に、馬鹿みたいに自分で胸を詰まらせて
感動し、涙を流しそうになりながら自由にうたう。
イメージとしては酒に酔いすぎてうまくギター弾けない涙もろい長渕剛。
ちくしょー とかいいながら。 いや、言わないけど!
もちろんうたった歌は二度と思い出せない。
これが今の少しブーム◎ とてもたのしい。

そしてシーケンサーを借りて初めてシーケンサーが何者なのかを知った。
古い物なのに、ドラミングもできるし シーケンサーの中で16トラックも録れるし
音もシンセ並みに充実している!たのしー!
4トラックのMTRを使う時代遅れの私からしたら まるで
タケコプターを使ってたのに、どこでもドアを出されたかんじ。
でもね 長い距離 ふわふわ 飛ぶのも好き。
でもちょっと疲れるから  ありがたいぜ どこでもドア!

次のライブまでかな~り時間があるから
ギターとシーケンサーこの二つのニューアイテムを使えたらなあと思っている。
そしてさっきバイト中さりげなく22歳になった。
あしたはおばあちゃんの誕生日。
グレイのヒサシと同じ誕生日。らしい。
わたしはみうらじゅんと同じ。ちょっとうれしい。
[PR]
by soundnoji | 2006-02-01 04:05 | 音楽のこと