nojico

ブログトップ

記憶の風

あの小さな男の子のことを思い出している。
なんてことないいつも通りのバイトに向かう途中で、何故だかふいに思い出した。
遠い、けど、とても近い場所にある、大切な記憶。


あの時私は小学六年生。
私の通う小学校では六年生が一年生とグループを組んでまだ慣れない下校に付き添う、という取り組みをしていた。
私の担当するグループの中に一人、白いシャツに蝶ネクタイ、紺色の半ズボンにサスペンダーという いつも決まった格好をしている小さな男の子がいた。
話しかけても照れ笑いを浮かべるばかりで、ほとんど自分から話すことのない、恥ずかしがり屋の男の子だった。
普段から蝶ネクタイを着けている子など他にはいなかった。
きっとお金持ちのお坊ちゃんなのだと思った。
はにかんだ笑顔がとても可愛らしい、品のある男の子だった。

下校グループの中では私が一番家まで遠く、私がその子を見届けて別れて終了という感じだった。
だけど、その子は自分の家が近くなると立ち止まり、私にあっちに行ってのジェスチャー付きのバイバイをするので、私はその子の家が何処なのかを知らなかった。
お家はどこなの?と聞いても、教えてくれなかった。
特に気にしなかったのか、すごく気になっていたのか、正直よく覚えていない。
だけど痛みのないしこりのような、違和感は私の中に確かにあった。

きっと何度も何度も下校を共にした頃だっただろうか。
その子の家の場所は、大体ここら辺だな程度の認識で、私の中ではもうどうでも良いことになっていたと思う。
その日が一体何の日だったのかは全然覚えていない。
帰り道はよく晴れていて朗らかな雰囲気だった。
その子は確か、私がひょうきんなことをするといつもよりたくさん笑っていた。

別れ際、私がバイバイ!と言うと、いつも立ち止まるはずの場所で、突然彼は走り出した。
走った彼が立ち止まったのは、すぐ近くの、とても古いアパートの下だった。
そして彼はアパートを真っ直ぐ指さして、『ここ!』と笑ったのだ。
眩しい、屈託のない、ほんとうに眩しい笑顔だった。
わたしはあの時の気持ちをうまく言葉に表せない。
今ならできるかもと思ったからこうして書いてるけど、やっぱり、多分、うまくできない。
あの時内心すごく驚いていた。だけど同時に、決して驚いたりするものかと強く思った。
『そっかあ! また明日ね!バイバイ!』と出来るだけあっけらかんと笑顔で返した。
いろんな感情が押し寄せて、小学六年生の私の心の中は溢れかえっていた。
嬉しくて、切なくて、爽快で、悲しくて、愛おしくて、泣きたくて、悔しくて、あったかくて、抱きしめたくて。
それに、家を隠し続けた彼の気持ちが私には痛い位よくわかった。
私の家もとても古く、当時の私にはそれがすごく恥ずかしい事で、簡単に友達には教えられなかったからだ。
だからこそ、彼の見せた、あの何かを自ら開くような瞬間が、とてつもない眩しさで、私の心を鷲掴みにした。

31歳になっても尚、変わらない鮮度で、胸がぎゅうっとなる。

蝶ネクタイ。サスペンダー。
晴れた日。古いアパート。
眩しい。あの笑い顔。
あの小さな男の子がくれた風が今
心にかぶせた布を軽やかに剥ぎ取ってゆく。
感受性はここにあるよと。言わんばかりに。
[PR]
# by soundnoji | 2015-05-30 04:05

この部屋の片隅には
一度も聴いたことのないMDが
10数年無視したこのMDの中身を今日初めて知りたいと思った

再生してみるとそれはやけに素直なAORで
海に映る夕陽みたいなサックスの旋律に すっかり心を預けてしまうような
今日はほんとうに素敵な一日だった

この日のために生きてきたと
そんなふうに思える日々を
これからたくさん重ねよう

ありがとう
日々よ
ありがとう
いままでの全てよ


春がきた
[PR]
# by soundnoji | 2015-04-12 19:34

雨のファミレス

それはやっぱり愛することなのだと
いま改めて人生のテーマに気づかされている
ひとり、雨の荻窪の、ファミレスで
牛乳の入ってるコーヒーはいくらでも飲めるな〜〜


心配をかけている友達に申し訳ない
わたしはとてもげんきで
毎日ほんとうにしあわせに暮らしている
愛することで生かされ、愛することに生きている
まさにit's wonderful world
そこにいる あなたのことだ
ありがとう

3月になれば
もう春同然だから
はじけて飛び出す前の種のように
ずっとわくわくうずうずしてる
新しい春の上着と
中古の白い靴と
お気に入りのリュックをしょって
沈丁花が薫ればもう新しい葉っぱと
桜とたんぽぽとオレンジのポピーが咲いて
水面に映るのはきっと
どこまでも眩しい
春 春 春

新しい音楽いっぱい作ろう
すこしだけ痩せたら
またあのお菓子もいっぱい作ろう
うまく出来たら友達にあげよう
いろんなところにでかけよう
いっぱい笑おう
大好きなひとと一緒に

これ飲んだらさあ仕事!
いってきます◎
[PR]
# by soundnoji | 2015-02-26 16:37

新しい

ぎりぎりセーフで
太陽を浴びにきた
イヤフォンからずっと流れてる
知らない国の知らない音楽みたいに
自然で美しい新しいことが
わたしの体中に流れ込んでくるみたい
新しい日々
懐かしいわたし
懐かしい日々
新しいわたし
水色のカーテンの向こう側に
まだまだ続いていた
直感と予感をたよりに
まだまだ出会っていく
新しい世界
[PR]
# by soundnoji | 2015-01-28 16:17

愛の世界

これから始まる世界で
あなたが愛し愛されますように
わたしが愛し愛されますように
あなたがわくわくしますように
わたしがわくわくしますように
生きていてよかったと
想う日がこれからたくさんたくさん訪れますように
いくつもの素敵なミラクルが
あなたに起こりますように
わたしに起こりますように

こんな時でも
言いたいことは
ごめんねじゃなくてありがとうなんだな
出会いと別れ
愛するが故
しあわせになろう
ほんとうのしあわせに、わたしたち、ちゃんとなろう


ダンボールに希望を詰め込む
心の中に想い出を詰め込んで
これから始まっていく日々を
祝福しよう
生きていこう
愛の世界に
[PR]
# by soundnoji | 2015-01-16 14:39

心持ち

いままでなんとかやってきた
しあわせがたくさんおこった
じぶんの人生を信頼してる
じゆうに描いていいんだよ
あるべき姿はわたしがつくる
つくっていく
ピント合わせてる
ほんとうのきもちに
ほんとうのわたしに
あの心持ちへ帰る
つくろうじゃなくて
つくりだしてる自分に
愛そうじゃなくて
勝手に愛してる自分に

わたしはただ じぶんの波動そのもので生きたい
起こす風に、身をまかせて
そうしたら いろんなことが
きっと もっと良くなっていく
そんな気がする
[PR]
# by soundnoji | 2014-12-05 22:41

ライブ終了◎

amazing universe!vol3ぶじに終わりました◎
すごく楽しかった〜◎
いいよるだったなあ!
きてくれたひとたちに、でてくれたみんなに、フリーダに、感謝感謝のよる
ありがとう◎
うたうこと、言葉にできないくらい、なんかやっぱすごく楽しかったあーー
すごくうれしかった
もひとつおまけにありがとう
これは、自分と神様に

打ち上げでいったお店も最高だったなあ
でぶ猫ちゃんいて、かわいかった◎
また行きたいな◎


さあて、お風呂に入って夢のなか
きょうはたぶんいい夢みるんだ◎
世界はもう朝
[PR]
# by soundnoji | 2014-11-09 04:25

8日ライブ詳細

11月8日(土)西荻窪FRIDA
amazing universe!vol.3
start18:30 ノーチャージ投げ銭制
出演/高橋べホイミヒロキンスキー/加納譲治/森山あこ/高橋恵/nojico

アコナイトに出てからお世話になってるフリーダ、3回目の自主企画です!
3回目は1人のアーティストばかりをお誘いして、弾き語りな夜になりました。

この日は久々に一人で演奏します◎
わたしは21時半〜うたいます。
出番あみだくじで決めたのにまんまと最後になっちゃった!
じょうじくんもわざわざ名古屋から出てきてくれたり。
とても楽しみです◎
投げ銭制なので気軽にお越しください◎
[PR]
# by soundnoji | 2014-11-01 01:21

今日のきもちとライブのお知らせ

時空をこえたとこにあるわたしの宇宙に
語りかけるよ
思い出でも未来でもなく
紛れもないいまこの瞬間に

きみが言うことばが
きみのくれた愛が
いろんなところにリンクする
思い出すよ
夏休みの宿題の
毎日点と点を結ぶ絵のやつ
でもそれと違うのは、毎日ひとつひとつじゃなくて
いろんな時間軸に存在してる無数の点たちが
時空を飛び越して勝手に結ばれていく感覚
わたしはきちんと確信してる
この宇宙の素晴らしさを
いつか、どんな絵になるのかわかる時が来るのか
もしわからなくても、いま、わたしすごく幸せだ
ありがとう◎
安心して生きよう
わくわくして生きよう

次のライブは11月8日西荻窪フリーダにて◎自主企画です◎
うたは久々にひとりで演ります!
たのしいよるになりそうです。ぜひ来て下さい◎
また詳細あらためてアップします。
[PR]
# by soundnoji | 2014-10-23 20:51

みとめる

いつの間にかどんどん難しいことになってゆく
ほかのことはどんどん簡単になるのに
うたのことになると
じぶんのなかに出来た大きな腫れ物のような
一番気掛かりで一番触れたくない
正直言うともう長いことずうっとそんな感じなんだ
いつまで続くの神様!ってくらい。
ライブが終わってからちょっとうたを避けてた
正直に言うとあれから一回もキーボードに触っていない
だれだって傷つくのはこわい
わたしはほんとのじぶんをみとめることに苦悩してるんだと思う
明るく蹴り飛ばせた気になっても、しだいに腫れ物は赤味をおびてくる
なにも考えずにただ楽しくうたえてた頃にはもうきっと戻れないし戻らないんだと思う
うたなんて忘れた!もういいや!って気になっても、結局いつも真ん中に在るのはうたで。
だけど恐る恐るこないだのライブ音源を聴いて湧き上がるきもちは残酷なほどポジティブで
諦めなんてひとつもなくて
こんなもんじゃないんだあ〜!と武者震いしちゃう程

くやしくて、くそーー!ってなって、わたしは今ぜんぜん穏やかじゃない
じぶんがどんどん穏やかに、お婆さんのようになっていってる気がしてたけど
やっぱぜんぜんまだまだあまちゃんなんだな
ぜんぜんまだまだ途中なんだ
このままフェイドアウトなんてしてたまるかっ
最高のアウトロに繋げたい
だってこんなに生きてるんだもの

めちゃめちゃくるしいけど、めちゃめちゃうれしい
うたが嫌いな気もするけど、うたうことが死ぬほど好きだ

また苦しくなるのかな
でもまた嬉しくなるのかな
それでもいいよ
それでもいいんだよって
みとめよう
まずは一歩!
あしたこそキーボードあける!
[PR]
# by soundnoji | 2014-10-04 01:20