nojico

ブログトップ

こんなきもち

抱きしめながら、気持ちを込めて話したくなる夜がある。
あなたがここに来てくれたことがどんなに嬉しいことか、ママとパパがどんなにあなたを大好きか。

今日は話し終えた時に初めて、ママ、だーいすき!と言われた。
ふいうちだった。何回も繰り返し言うので、涙がじわじわ込み上げて、とうとう本気で泣いてしまった。
心配そうに、「泣いた、ママ泣いた、ママ泣く!」と言うので
「泣くのは悲しいときだけじゃないんだよ、すごい嬉しい時にも泣いちゃうの。今ママすごい嬉しかったんだ。ありがとう。」と話した。

初雪の降った日の、しずかな、東京の冬の夜
宝物みたいな 日々のうつくしい記憶が この部屋と、わたしの心に積もっていく

もうすぐこの部屋を出る
3年半くらいだけど、濃い思い出がたくさん充満している
3月からはあたらしいおうちに行く。
きっとわたしが死ぬまで暮らすことになるだろう、あたらしいおうち。
大叔母さんが住んでいた古い家を今、リフォーム工事させてもらっている。
新しい場所でも、こんなきもちでずっと暮らしていきたい◎
愛する人を抱きしめるように。心の中に、大切に瞬間を重ねていきたい。
感性に蓋をすることなく、悲しいときは悲しもう。愛しい時は抱きしめよう。正直に愛と暮らしてゆこう。
人生は、ながくて、みじかい。
平凡で、ドラマチック。
行こう!
春なら、もう、すぐそこだ◎
by soundnoji | 2019-01-12 23:41